FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「住和の新築建売別荘」~企画・設計編~

昨日の朝はうっすらと雪が降り、朝晩は気温-5℃に・・・・。
今日の軽井沢は、風が少し冷たいですが快晴です♪

本ブログを開設してからもうすぐ1年、実質今回からのスタートになりますが
こっちも頑張って更新していきますよ!!

『初投稿の記事は手堅くお仕事の話からスタート!』
(初回にしては硬い話題ですが、お付き合い下さい。)

ちょうど1年前の3月に着工し、11月上旬に完成した「住和の新築建売別荘」
IMG_5906.jpg
「緩やかな曲線(アール)の屋根」「本物志向の内外装」
「オリジナルテーブル・ベンチセット」が特徴の別荘となりました!
無題
ご購入いただいたお客様は
ご定住ということで軽井沢ライフを満喫されている様子です♪

さて昨年に引き続き、
本年度分の新築工事に着工しましたので記録に残しておきましょう♪

今回建築中の現地の様子↓↓(写真は昨年の様子です。)
sasasa.jpg
敷地の参考図↓↓
区画参考図da
場所は、そう!あそこです!
(写真・参考図から分かる方は、かなりの軽井沢ツウでしょう♪)

軽井沢町で建築をお考えの方でまず抑えておきたい事が
軽井沢町独自の建築条例「軽井沢町景観条例」です。
なぜかと言うとその土地がどのような用途地域に該当し、
どのような建築制限を受けるのかを把握しつつ設計を行っていく必要があるからです。

今回建築中の土地は、特に建築制限の厳しい地域に該当しています。
■用途地域:第一種低層住居専用地域(緩衝地域)
■建ぺい率・容積率:30%・50%
■道路後退距離・隣地後退距離:それぞれ軒の出(屋根)から5m・3m
■屋根勾配・軒の出:2寸以上・50cm以上
■最高高さ:2階以下かつ10m以下

設計にあたってまず障害となったのが「道路後退距離・隣地後退距離」。
西側に向かうにつれて奥行が確保出来るものの、
道路後退+隣地後退+軒の出前後(5m+3m+1m)
合計9mの後退距離が必要になってくる訳です。

広い間口を生かして完成した初回案がこちら!
IMG_7628-1.jpg
<1階西側から>
ガレージ →玄関(北側:トイレ・浴室・洗面)→LDK→和室、リビング・和室前にウッドデッキ
<2階西側から>
洋室→洋室→三角窓:吹抜け
前回と同様に吹抜け構造のリビングや8帖の和室
それに加えて今回の目玉である屋根付きのガレージを配置しました。
設計の障害となっていた道路後退距離もある分、リビング前のお庭部分が
より広く感じられる設計です。

大まかな建築プランが固まったところで、いよいよ建築スタートです!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。